おすすめシャンプー

トラブルを解決・無添加・オーガニック・アミノ酸シャンプー

オーガニックシャンプーに良くある間違いと誤解

   

オーガニック

オーガニックシャンプーやアミノ酸系のシャンプーやノンシリコンシャンプーなど様々なシャンプーがあります。

今回はオーガニックと言う意味を理解してほしいのでオーガニックの誤解とオーガニック商品について正しい知識を身に付けてください。

スポンサーリンク

そもそもオーガニックとは?

geralt / Pixabay

そもそもオーガニックとは農薬や科学肥料を使用しないで栽培する農法の事を指します。

ですからオーガニック商品は農薬や化学肥料を使用しないで育った物を使用した商品の事を指します。ですから、肌にトラブルが少ないという意味はありません。

また、オーガニック商品の大半はオーガニック成分を少し使用しただけで肌に刺激になる成分が入っている物もあります。

ですからオーガニック = 肌に優しいという事ではありません。

実際に漆や花粉も自然由来の物でありアレルギーやトラブルの原因になるのと同じです。

オーガニックシャンプーの種類

オーガニックシャンプーと言っても種類は様々です。簡単にまとめると以下の通りです。

  • 天然成分で構成されたオーガニックシャンプー
  • 肌に優しいコンセプトのオーガニックシャンプー
  • オーガニック成分を配合したシャンプー
  • 本当肌と髪の毛に優しいオーガニックシャンプー

こんな感じで一言にオーガニックシャンプーと言ってもたくさんの商品がありどれがどれなのかさっぱりわからない感じですよね。

今回はざっくり説明をしていきます。

オーガニック認定のシャンプー

オーガニック栽培された天然成分をある一定の基準を満たしたシャンプーに付けられる認定マークです。

認定は国や機関によって様々な基準が設けられております。ココではあまり詳しくお話はしませんが認定機関事にオーガニックの規定が異なるのですが認定を受けたシャンプーの多くは天然成分が高配合になります。

その為環境に優しいのですがシャンプーが泡立たないや髪の毛がギシギシになるというデメリットも存在します。

つまり天然成分が多くなりすぎると髪の毛のコンディショニング効果が少なくなるのです。

また、天然成分の場合アレルギーの関係で肌に合わない事も多いので必ずしも肌に優しいシャンプーとは限りません。

オーガニック成分が多いシャンプーは環境に優しいシャンプーと言う事です。

肌に優しいコンセプトのオーガニックシャンプー

オーガニック成分を使用しながら肌に優しいというコンセプトのシャンプーです。

オーガニック成分を使用しながら肌に刺激のない成分を主体として作られているシャンプーなので肌への刺激は極力低くトラブルの問題も少なくなっているシャンプーです。

しかし、肌に優しくするという事はシャンプー場合コンディショニング効果が少なくなりカラーリングやパーマなどで髪の毛が傷んでいる場合は物足りない感じがしてしまいます。

オーガニック成分を配合したシャンプー

オーガニックシャンプーとはオーガニック成分を使用しただけで1%だけ入っていてもオーガニックシャンプーです。

界面活性剤別で選ぶおすすめシャンプー剤でもお話しましたが洗浄成分が肌に刺激のあるラウリル硫酸Naを使用していてもオーガニックシャンプーなのです。

こういったシャンプーは市販品に多くただオーガニック成分を使用しましたと言うシャンプーで肌に優しいという根拠はどこにもありません。

こういうシャンプーが多いので成分をよく調べて購入する必要があるので気を付けてください。

髪・肌に優しいオーガニックシャンプー

髪の毛に優しく肌に優しいというシャンプーってなかなかありません。単純に肌に優しい成分でシャンプーを構成すると洗浄力が弱かったり逆に泡立たなかったりします。

ですから複数の特徴のある洗浄成分を配合しながら肌を綺麗にしてくれるハーブ油などを配合したシャンプーです。

 

たとえばこちらのシャンプー。

Herb Garden(ハーブガーデン)シャンプー

天然成分100%で作ったオーガニックシャンプー「Herb Garden(ハーブガーデン)」
人と地球に優しく、かつ使用感や効果性にもこだわった究極のシャンプーです。

シャンプーのベースとなる精製水に注目し、阿蘇産無農薬ハーブを抽出した「ハーブウォーター」を使用することに成功。
厳選された7種類のハーブが、頭皮を健やかに保ちます。

洗浄成分は、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸、ココアンホプロピオン酸Na、コカミドプロピルベタインです。

メインの洗浄成分にアミノ酸系の洗浄成分を使用する事によってマイルドに洗えるだけでなく質感も良い構成になっています。

ただアミノ酸系の洗浄成分の場合洗浄力が少なくべた付く事があります。

これをカバーするのか2つ目の洗浄成分のココイルグルタミン酸です。この成分は洗浄力と泡立ちに優れている成分で1つ目の洗浄成分の洗浄力をカバーしてくれます。

3番目の洗浄成分はココアンホプロピオン酸Naです。こちらも洗浄力がとてもマイルドで刺激の少ない洗浄成分になっております。

ベタイン系の洗浄成分を入れる事いよってより洗浄力による刺激を制御させて質感を向上させてあります。

参考:頭皮に優しい洗浄成分の見分け方とシャンプー

 

その他には髪の毛のコンディションやお肌のコンディションを整える合成セラミド・植物油などで構成されたシャンプーです。

こういったシャンプーの場合は髪の毛や肌に優しいだけでなく髪の毛のコンディションまで整えてくれます。

 

でも、ここまでお話したとおり一般的な方が見分けるのも難しいですし、これをどうやったら説明したら解り易いかを単純かして『オーガニックシャンプー』って売っているのが現状です。

オーガニックシャンプー・まとめ

オーガニックシャンプーは必ずしも髪や肌に優しいという物ではありません。

配合される成分がどういった性質なのかが重要です。

良く〇〇と言う成分は毒性があるとか指摘されたりしますが毒性よりも刺激や髪の毛にどのような作用をもたらすのかが大切です。

また、洗浄力の高い成分が入っていたとしても3番目、4番目に多く配合される場合は全体の10%にも満たないと思ってください。

 

 

おすすめシャンプー

Herb Garden(ハーブガーデン)シャンプー

天然成分100%で作ったオーガニックシャンプー「Herb Garden(ハーブガーデン)」
人と地球に優しく、かつ使用感や効果性にもこだわった究極のシャンプーです。

シャンプーのベースとなる精製水に注目し、阿蘇産無農薬ハーブを抽出した「ハーブウォーター」を使用することに成功。
厳選された7種類のハーブが、頭皮を健やかに保ちます。

mogans(モーガンズ)シャンプー

植物由来の成分にこだわり、合成化学成分を徹底排除しましたシャンプー
(アルコール、石油由来成分、動物性原料、ラウリル硫酸Na、DEA、MEA、TEA、
シリコン、合成ポリマー、フェノキシエタノール、パラベン)
また、特徴的な香りで濃厚なオリエンタルな雰囲気のバス空間に包まれます。

アロマのやさしさシャンプー

アミノ酸シャンプー 「アロマのやさしさ」は、
アロマテラピーの優しさから生まれたアミノ酸シャンプーです。

本当に安心して使える成分だけを使ったシャンプーです。

2007年の販売開始から、累計販売本数10万本を超えるまでになりました。

シリコンやコーティング剤、石油系合成界面活性剤、スルホン酸系洗浄成分
などは一切使っていません。

 - 美容師コラム