おすすめシャンプー

トラブルを解決・無添加・オーガニック・アミノ酸シャンプー

シャンプーの配合される界面活性剤(洗浄成分)

   

洗浄成分

皆様は界面活性剤と言うものをご存じでしょうか?シャンプーに配合される洗浄成分も界面活性剤です。

また、化粧品や食料品にも配合される界面活性剤ですが主な役割は水と油を混ぜ合わせる成分です。

ですから界面活性剤 ≒ 洗浄成分 と言う事です。今回はこの界面活性剤の種類と性質を説明してきます。

スポンサーリンク

界面活性剤の種類

界面活性剤

界面活性剤は単純に言えば水と油になじみやすい成分です。ですから親水性の成分と親油性の成分を化合した成分です。

解り易く説明するとラウレス硫酸Naこれはヤシの油脂から生成される洗浄成分なのですが作り方はヤシの油脂から精製した成分に水酸化ナトリウム(活性ゾーダ)を化合させて作った成分です。

その為油にも水にもなじみが良い為水と油を混ぜ合わせる効果がある成分の事を界面活性剤と言います。

界面活性剤の種類は4つに分けられます。

  • アニオン界面活性剤
  • カチオン界面活性剤
  • 両性イオン界面活性剤
  • ノニオン界面活性剤

難しい呼び方ですが簡単に説明すると親水性の成分がプラスイオンの性質なのかマイナスイオンの性質なのかまたはその両方かもしくは何もないかの違いです。

アニオン界面活性剤

アニオン界面活性剤

一般的な界面活性剤で多くの洗剤やシャンプーに使用されています。

アニオン界面活性剤は水になじみやすい成分がマイナスイオンに停滞してる為親油性の成分が油に吸着して汚れを落とすというものです。

代表的な洗浄成分はラウリル硫酸Naとかラウレス硫酸Naです。アニオン界面活性剤の良い所は汚れを落とす力が強いと言う事です

カチオン界面活性時

カチオン界面活性剤

カチオン界面活性剤は主にリンスやコンディショナーに多く含まれます。シャンプーの多くはアニオン界面活性剤で出来ている為シャンプー後の髪やお肌はマイナスイオンに傾いています。

その為プラスイオンに傾いた親水性の成分が吸着してくれるので静電気防止にもなります。

また、カチオン界面活性剤で出来たシャンプーはコンディショニング成分が吸着するのでとても仕上がりがしっとりしたり保湿される傾向があります。

ハーブガーデンシャンプーにもココイル加水分解ダイズタンパクKと言う界面活性剤が使用されていましたがこれも洗浄力のある成分でコンディショニング効果が高い成分です。

両性イオン界面活性剤

両性イオン界面活性剤

この界面活性剤はマイナスとブラスのイオンを持った界面活性剤でここまでお話して来た2つの性質を持っています。

ただ、少し違うのはPHによって性質が変わります。その為髪の毛がアルカリに傾いていると洗浄力を発揮して酸性に傾くとコンディショニング効果があります。

つまりシャンプーを長くするとどんどん髪の毛に成分が吸着するので時間をかけてシャンプーをしたり泡パックをするとしっとりします。

逆に時間を掛けないでシャンプーをするとさっぱりとした質感になる成分です。代表的な成分は〇〇ベタインと言うベタインが付く洗浄成分が多いだけあって両性ベタインと言われることが多いです。

参考:正しいシャンプーの仕方

ノニオン界面活性剤

ノニオン界面活性剤

最後にノニオン界面活性剤です。この成分は泡立ちが少なく主に油を乳化する作用と保湿する性質があるためシャンプーにはあまり配合される事がありません。

種類はたくさんあり食品用などに使用される事が多いです。

シャンプーの洗浄成分ではモーガンズシャンプーに含まれるデシルグルコシドと言う成分があります。

界面活性剤の性質と洗浄成分

界面活性剤の性質はここまで4つお話してきたようにイオン化しているかどうかで性質が変わります。

そして重要な事はどんな原料で出来るかです。たとえばアミノ酸から作ったシャンプー洗浄成分ならアミノ酸系シャンプーですがアミノ酸でもカチオン化されているのかアニオン化されているのかでも性質が変わってきます。

ですから洗浄成分がアミノ酸系だから大丈夫でもなく高級アルコール系だからダメと言うわけではありません。

また、シャンプーは洗浄成分を複数組み合わせて作られるので成分だけでは全く異なる質感が得られたりするので実際使ってみないとわからないという事です。

ですから、同じシャンプーでも自分に合う合わないがあるのでしっかりどんな質感が得られるのかを判断してから購入すると良いと思います。

参考:界面活性剤別で選ぶおすすめシャンプー剤

参考:頭皮に優しい洗浄成分の見分け方とシャンプー

 

おすすめシャンプー

Herb Garden(ハーブガーデン)シャンプー

天然成分100%で作ったオーガニックシャンプー「Herb Garden(ハーブガーデン)」
人と地球に優しく、かつ使用感や効果性にもこだわった究極のシャンプーです。

シャンプーのベースとなる精製水に注目し、阿蘇産無農薬ハーブを抽出した「ハーブウォーター」を使用することに成功。
厳選された7種類のハーブが、頭皮を健やかに保ちます。

mogans(モーガンズ)シャンプー

植物由来の成分にこだわり、合成化学成分を徹底排除しましたシャンプー
(アルコール、石油由来成分、動物性原料、ラウリル硫酸Na、DEA、MEA、TEA、
シリコン、合成ポリマー、フェノキシエタノール、パラベン)
また、特徴的な香りで濃厚なオリエンタルな雰囲気のバス空間に包まれます。

アロマのやさしさシャンプー

アミノ酸シャンプー 「アロマのやさしさ」は、
アロマテラピーの優しさから生まれたアミノ酸シャンプーです。

本当に安心して使える成分だけを使ったシャンプーです。

2007年の販売開始から、累計販売本数10万本を超えるまでになりました。

シリコンやコーティング剤、石油系合成界面活性剤、スルホン酸系洗浄成分
などは一切使っていません。

 - シャンプーの基本知識