頭皮のトラブルと原因を解決・無添加・オーガニック・アミノ酸シャンプー

おすすめシャンプー

シャンプーの基本知識

頭皮トラブルに困っている方への本物の無添加シャンプーと効果とは?

投稿日:

自然

無添加シャンプーと言えばシャンプーに悪い成分が入っていないというイメージがあると思います。

実際は無添加シャンプーは悪い成分が入っているのではなく旧指定成分が入っていないシャンプーの事を『無添加シャンプー』と言ったり余分な成分が配合されていない『石鹸シャンプー』などが現在では主流になりつつあると思うので無添加シャンプーに付いてお話いしていきたいと思います。

まず、無添加シャンプーをお探しの方は良く『経費毒』と言う言葉をご存じだと思います。

『経費毒』については様々な見解がありシャンプーで頭皮の毛穴から薬物などが浸透して子宮に成分が溜まるとかは現在では解明されていません。

ただし可能性は0ではない事は確かです。

過去にアミノ酸系のシャンプーが頭皮に良いなんて誰が言った?という記事を書きましたが頭皮から成分が入るというのはインドの『ヘンナ』から来るものです。

ただし、現在販売されている無添加シャンプーの定義についてしっかり知る必要があるのでこんなお話をしてきます。

スポンサーリンク

無添加シャンプーとは?

科学

無添加シャンプーとは一般的に『旧指定成分』が配合されていないシャンプーの事を『無添加シャンプー』と言います。

ここで『無添加』についてですが洗浄成分に保湿成分や髪の毛の質感剤を入れた時点で本当は『無添加』ではありません。

だって、他の成分を入れるわけですから『無添加』ではありませんよね?

現在の無添加シャンプーは検索して貰えればわかると思いますが『石鹸シャンプー』が多い事に気づきます。

石鹸シャンプーは髪の毛の保湿剤や質感剤を入れる事が少ないので『無添加』に近いシャンプーですがそうでもありません。

だってシャンプーの成分は水と洗浄成分がメインですから。

これにいろいろな成分を配合する事でしっとりするシャンプーやさらさらのシャンプーが出来上がるという事です。

頭皮湿疹の原因と対策・予防方法でも書きましたが無添加だろうがアミノ酸系のシャンプーだろうが頭皮のトラブルの根底は改善されないという事です。

石鹸シャンプー

石鹸

頭皮にトラブルが起こった場合皮膚科にいく事をおすすめします。

多くの皮膚科の場合石鹸系のシャンプーやお湯シャンプーをおすすめされます。

これはシャンプーに含まれる成分が頭皮に悪影響を及ぼすと考えられているからです。私達美容師の場合髪の毛の悩みを解決するためのシャンプーをおすすめする事がありますが皮膚科の場合皮膚の事を考えるので少しとらえ方が変わります。

その為石鹸系のシャンプーの場合肌には優しいのですが髪の毛には悪影響を及ぼし髪の質感は期待できないので覚悟しましょう。

成分無添加と頭皮の関係

成分無添加の方が頭皮に優しいという記事やお話を聞きますがこれは実際間違いではありません。

肌に悪影響を及ぼす成分や質感剤などは頭皮にとって悪影響でしかありません。その為頭皮ケアをしたい場合は成分無添加のシャンプーを選んだ方がいいのは間違えありません。

ただし、無添加とは旧指定成分や肌に悪影響を及ぼす成分を配合していないだけでノンシリコンやアミノ酸系のシャンプーとは無関係です。

無添加とアミノ酸やノンシリコンは切り離しましょう。

ノンシリコンとシリコンシャンプーは無添加と関係ある?

市販のシャンプーの場合よくあるのが『シリコンフリー』というキャッチフレーズで無添加シャンプーと言う物もあります。

シリコンとノンシリコンは少し前にバトルになりましたが結局はシリコンもノンシリコンもデメリットとメリットがありこの戦いは終わりました。

シリコンシャンプーの場合は髪の毛に柔らかい質感を与える代わりに頭皮にダメージを与える。

ノンシリコンシャンプーの場合は頭皮に優しいけど髪の毛の質感が良くないという決着でしたが現在はかなり進歩しておりシリコンとかノンシリコンは関係なくなっているのが現状です。

参考:ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプー違い

アミノ酸シャンプーと無添加シャンプー

アミノ酸シャンプーとノンシリコンを良く勘違いする方がいると思いますが実際は全く別物です。

頭皮に優しい洗浄成分の見分け方とシャンプーでもお話しましたがシャンプーの洗浄成分についてはいろいろな物を使用します。

洗浄成分を見たからといって無添加とは限りません。

冒頭にお話したように無添加とは旧指定成分を配合しないとか肌に悪影響を及ぼす成分が入っていないシャンプーの事を言います。

したがって無添加なアミノ酸系のシャンプーは洗浄成分がアミノ酸で旧指定成分が配合されていないシャンプーの事です。

ですから無添加とアミノ酸シャンプーの関係性は全くありません。

また、そういったシャンプーも実際世の中にはありますが洗浄成分がタウリン系の物を使用しているのが現実です。

だって、アミノ酸系の洗浄成分にはデメリットも存在する訳ですから。

参考:アミノ酸シャンプーとは?成分と効果はなに?

無添加シャンプーのメリット

ここまでお話したとおり無添加シャンプーのメリットは『肌に優しい』です。

髪の毛にもダメージを与えないので優しいかもしれませんが髪の毛の質感が特別良くなるものでもありません。

髪の毛の質感を良くするには質感剤や保湿剤が配合される訳ですから無添加シャンプーにはそれを求めれません。

無添加シャンプーのデメリット

無添加シャンプーのでめりとはメリットでもお話したように髪の毛の質感が悪い事にあります。

『無添加』とは成分を入れる事が出来ないので髪の毛の質感をアップするシリコンや保湿剤を入れる事が出来ないのです。

しかし、そのかわり肌にトラブルを与える原因が少なる事は確かです。

このへんはどっちを取るかにもよりますが…

まとめ

『無添加』シャンプーの事についてはここまでお話したように現在では旧指定成分無添加なのか?ノンシリコンなのか?本当に洗浄成分だけなのか?

の3つに分かれます、これは特に国が表記の指定をしている訳ではないのでシャンプーメーカーごとに隙間をぬってキャッチフレーズを付けています。

無添加とかアミノ酸とノンシリコンよりも先に肌や髪の毛に優しいシャンプーを選択する事が最重要な事を理解してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

頭皮に優しいシャンプー

Herb Garden(ハーブガーデン)シャンプー

天然成分100%で作ったオーガニックシャンプー「Herb Garden(ハーブガーデン)」
人と地球に優しく、かつ使用感や効果性にもこだわった究極のシャンプーです。

シャンプーのベースとなる精製水に注目し、阿蘇産無農薬ハーブを抽出した「ハーブウォーター」を使用することに成功。
厳選された7種類のハーブが、頭皮を健やかに保ちます。

haruスカルプ・プロ・シャンプー

haruシャンプーは天然成分100%で出来たシャンプーでお肌に優しいシャンプーです。

髪の毛のスペシャリスト監修の元できたシャンプーなので髪の毛も頭皮にも優しいシャンプーで無添加系のシャンプーはパサつく事が多いけれどもharuシャンプーは質感も良いシャンプーです。

アロマのやさしさシャンプー

アミノ酸シャンプー 「アロマのやさしさ」は、
アロマテラピーの優しさから生まれたアミノ酸シャンプーです。

本当に安心して使える成分だけを使ったシャンプーです。

2007年の販売開始から、累計販売本数10万本を超えるまでになりました。

シリコンやコーティング剤、石油系合成界面活性剤、スルホン酸系洗浄成分
などは一切使っていません。

-シャンプーの基本知識

Copyright© おすすめシャンプー , 2018 All Rights Reserved.